「行動と見識」KOUSHIのブログ

行動と見識で人生を豊かにする

「子どもか!」と言われても、最優先に考えたいもの

 

こんばんは。

 

「眠り」を積極的に取りに行く。

精神的につらい状況に置かれているならば、なおさら「睡眠」を大切に考えてほしい。考えるだけでなく、行動に移してほしい。

そろそろ寝ないといけから寝床に入るのではなく、いつもより早めに布団に入るという積極姿勢を持ってほしい。そう思います。

精神の疲れに効くのは、「一時の快楽」ではなく「ふだんより多い睡眠」です。もう1杯のお酒、もう1袋の柿ピー、もう1話のドラマといったその場限りの楽しみよりも、「眠り」はあなたを救ってくれます。

 

それほど深刻な状況に置かれていないとしても、精神的な疲れの予兆を感じたり、何か調子が良くないと感じたりしたときも同様です。積極的に眠りを取りに行くことで、悪い状態に入ることを防ぐことができますから。

 

4時45分起床の私は、夜の10時には就寝するようにしています。最低6時間の睡眠時間を確保するのが目標としていました。

以前は10時30分を目途にしていましたが、半年ほど前から30分前倒しとしました。少しつらい期間が続いていたこともあり、6.5時間の睡眠をとることを新たな目標としています。

これを知人や友人に話すと

「10時に寝ているなんて信じられない!」

「子どもか!」

といった驚きや冷やかしの言葉を返されることが多いのですが、当人は全く気になりません。

というよりも、遅くまで起きている意味が分からないのですよね~。早く眠ったほうがが幸せに感じます。習慣化してしまったこともあり、特に考えることもなく、無意識に10時前には歯を磨いています。そこには感情も存在しません。我ながら習慣をうまく活用できているな~と思います。

 

でも毎晩10時に寝ているかというと、そうではありません。実際には9時30分に布団に潜り込むこともしばしば。日中に過度のストレスを受けた日や、かなり精神的にやられている、と感じた日には、できるだけ早く一日を終えるようにしています。

活動時間が限られる。そのことは否定できません。あと1時間起きていれば、もっと楽しい時間を過ごせたかもしれません。ドラマ愛映画を観て心に栄養を与えることができたかもしれません。お酒と柿ピーの絶妙のコンビネーションに幸福感を感じていたかもしれません。

順調の時にはそれもいいでしょう。そうやって楽しむ時間をより多く持つことで、より幸福感を味わえるかもしれません。でも逆境の時には「眠り」を第一優先に考えるべき。十分な休息があなたの身体だけでなく心を癒すことを最優先に考えるべきです。

 

もしあなたが精神的につらい状況にある。もしくは、調子の悪さを感じ始めている。そんな時には、無理をしてでも睡眠を多めにとることを実践していただきたい。それが状況を好転させるきっかけになり得ます。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

「睡眠」を積極的に取りに行く

 

こんばんは。本日もお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

日々小さなストレスをため込んでいる。

または、さらに深刻な状況。過度なストレスに置かれた状況が長く続き、精神的に追い詰められつつある。

 

程度の差はあれ、私たちは何かしらの問題や不満を抱えているものです。広義に言えば「ストレス」を抱えて「ストレス」にさらされて生きている。

自分なりのストレス解消法で、毎日の気分をリフレッシュできれば、それは幸せことです。あなたは、人生を「生き易くする」術をもっているといえますから。

でも、大丈夫と思っていてもいつの間にか心身に疲労が蓄積しているかもしれません。少しでも嫌な予感を感じたら、別の方法も考えた方が良いでしょう。

日々ストレスを解消していても、一向に改善しない状況に、精神的なつらさを自覚しているかもしれません。そういう時には、そのストレス解消法だけでは対処できない状況になっています。次の一手を考えないといけません。

 

そういう状況に陥ったときには、積極的に取りに行きたいもの。

 

それは、

「眠り」

です。

 

睡眠の大切さを認識されている方は多いかもしれません。でも、行動が伴っている人は多くないのではないか、そう感じています。

大事だとは分かっていながら、ついないがしろにしてしまう、優先順位を落としてしまう。身体が健康な時には、少しくらいの睡眠不足も乗り切れるかもしれません。でも、精神的に不健康になったら、睡眠不足は命取りになりかねない。あなたの精神状態をさらに悪化させることにつながります。

もし精神的につらい状況にあるのであれば、もしくは、その予感があるのであれば、ふだん以上に睡眠をとっていただきたい。それが、あなたの精神状況を良い方向へ反転させることにつながっていくのですから。身体だけでなく、心も休める。睡眠は精神にも休息を与え、栄養を与えてくれます。

 

ストレス解消のために

「もう1本ビールを飲もう」

「もう1袋ポテチを食べてしまおう」

「もう1話ドラマを見よう」

と思ったときには、そのもう1つの代わりに「睡眠」をとりに行く。少しでも早く就寝することを心掛ける。ここから始めましょう。

 

「もう1つのストレス解消」よりも「より多くの睡眠」のほうがストレス解消につながります。

「仕方がないから寝る」のではなく、「自分から積極的に睡眠を取りに行く」。もっと言えば、貪欲に睡眠を取りに行く。

精神的につらい状況においては、特にこの姿勢を忘れてはいけません。

 

明日に続けます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

追い詰められている そんなときに積極的に取りにいきたいもの

 

こんばんは。

 

あなたは毎日幸せな時間を過ごしていますか?

 

この問いに対する答えはさまざまですよね。

「はい、幸せです!」 

こうやって言えたら一番いいですよね~。でも、そんな人の方が少数派かもしれません。

 

「不幸ではないが、満たされない」

「職場での人間関係に悩まされて、精神的に安定しない」

「家族や親戚内で不和があり、悩まされている」

もしくは、実際に困難な状況にさらされて辛い日々を過ごしている方もいらっしゃるかもしれません。

幸せかそうでないかは、その人の感じ方によっても異なります。同じような境遇においても、ある対象を問題視せず平然としている方もあれば、深刻に考えすぎて神経が休まらないという方もあるでしょう。

 

いずれにしても、多くの人がある程度の不満や苛立ち、そしてストレスを感じながら日々を過ごしているのではないでしょうか。

心が細やかで些細なことにも影響を受けてしまったり、長期間強いストレスを受けてしまったりする人は、特に気を付けた方がいい。蓄積した精神的な疲れが問題を引き起こすかもしれません。健康を害したり、精神的に落ち込んでしまったり。

精神的に強いと思っている人も注意が必要です。過度のストレスを受けていてもなんとか堪えている。でもその「なんとか」が「なんともならない」になるレベルまで来ているかもしれません。

日々の生活の中で、いかにそのストレスを解消できるか、自分の心を癒せるか、というのは重要なスキルですよね。

 

ストレス解消の方法はいろいろあります。

お酒を飲む、ドカ食いする、スイーツを食べる、といった食欲に関連するもの。

好きなテレビ番組や映画を見る、好きな著書の小説やエッセイを楽しむ、といった趣味に関連するものも。

スポーツに打ち込む、自然に身を置く、といった方法もあるでしょう。

気の置けない友人とおしゃべりする、というのもストレス解消になりますね。

どれが正解というものはありません。でも、あなたの取っている方法が「その場しのぎで、さらに状況を悪くする可能性が大きくないか」だけは気にしていただきたいと思います。

その場は楽しくてリフレッシュできたと思えても、根っこの部分は解決できてないわけですから、一時的な快楽や平穏を得られても、その時間が過ぎれば、また悪い状況の中に入っていかなければなりません。

夜の深酒など一番やってはいけませんよね。翌朝はさらに暗い気持ちになっている可能性が高い。ドカ食いやスイーツも健康を害します。

 

それほど深刻な状況でなければ、あまり考えすぎなくても良いかもしれません。それをすることで心が晴れて、翌日はリフレッシュした気持ちでスタートできる、そんなパワーがあるのであれば。

でも、かなり追い詰められている状況であれば、それからは効果を得ることはできないかもしれません。

 

そんな時には、あるものを積極的に取りに行くことをお勧めします。

 

明日に続けます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

「たま~に」で思う存分楽しむ

 

こんばんは。

 

「たまに習慣と異なる行いをすることで、その行いをより面白く感じる」

「たまに習慣と異なる行いをすることで、習慣と習慣から外れた行動の双方についてありがたみを感じる」

 

このこと示す事例として、私の3つの習慣をお話してきました。

 

①毎朝の早起き習慣

②朝食抜きの1日2食習慣

③TVを見ない習慣

 

「完全に断ち切る」と考えると少し寂しいな~と感じてしまう人には特におすすめかもしれません。「断ち切る」ことがあなたの「好ましい習慣作り」の妨げになっているなら、「ごくたまに」自分にその行いを許すことが精神的な助けになるかもしれません。

 

早起き、朝食抜き、TVを見ない。

この3つは是非とも生活に取り入れていただきたいと思っています。あなたの生き方が、生活が良い方向に転じていくのは町がありません。ぜひ試していただきたい。そして、習慣として定着させた後には、この「たまに習慣と異なる行い」をすることで、その両者のありがたみを感じていただきたい、と思います。

 

習慣から少し話がそれますが、この「たまにやる」というのは、生活に小さな幸福を与えてくれると思っています。

たまに海外旅行にいく、たまに高級レストランで食事をする、といったプチ贅沢もいいですが、お金をかけなくても、小さな幸福は得られます。

卑近な例を挙げれば、「たまに缶コーヒー」を飲むこと。

一時期は缶コーヒーのヘビーユーザーで一日に3本ほど飲んでいたこともありました。ダイドーさんのブレンドを軸に、ポッカオリジナルやその他数多ある缶コーヒーを飲んでいました。

今はこの悪習を断ち切って、缶コーヒーを日常的に飲むことはありません。

もっぱら自宅で入れたコーヒーをブラックで楽しんでいます。でも、ごくたま~に、コーヒーとは異なる「缶コーヒー」という飲み物を飲むこともあります。

コーヒーといえば、ブラックもうまい、いやブラックがうまいのですが、あの「甘くてコーヒーみたいな飲み物」もおいしいのです。口の中に広がる、あの「甘~い」缶コーヒーがもたらす幸福感。これは100円ちょっとで味わえる贅沢。

 

あなたも「たま~にやる」を生活に取り入れてみてください。好ましい習慣との紐づけをお勧めします。

「たま~にYouTubeを見る、Amazon Primeを見る」

「たま~にお酒を飲んでみる」

「たま~にこってりとしたラーメンを食べる」

「たま~に大盛ごはんを頼む」

 

この「たま~に」をうまく活用して、習慣から外れた行いを思う存分楽しんでください。そして、良い習慣の素晴らしさを再認識していただきたいと思います。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「たまに見る」からその時間を満喫できる

 

こんばんは。

 

テレビを見ない習慣。これはぜひとも手に入れていただきたいと思っています。

 

「では、1年365日テレビを全く見ないのですか?」

と問われると、その答えは「No」となります。

これだけ「テレビを見るな!」と言っておきながら、話が違うじゃないか~、という声も聞こえてきそうです…。

 

自宅では100%テレビを見ません。そもそもテレビがありませんからね。

でも、外出先で見ることはあります。出張先や旅先、または、両親の実家や親せき、知人宅で過ごすときにはテレビを見ることがあります。

このフレーズはどこかで聞いたことがありませんか? 

そう、2番目の習慣「朝食抜きの1日2食習慣」の時と同じ文章ですw 実際にこの2つ、もっといえば、1つ目の「毎朝の早起き習慣」とも密接に絡んでいます。

 

ごくたま~に、戦略的朝寝坊で遅く起きた日にテレビを見ながら朝食を食べる。

というように、セットで行うことが多いです。

「チートデイ」という言葉がありますが、この行いを実践する日はそんな日です。そこには後悔のかけらもなく、思う存分その時間を楽しんでいます。

 

ふだんテレビを見ないと、いろいろな番組が新鮮に感じるのです。

「今はこんな芸能人に人気があるのか?」

「このバラエティ番組面白いな~。こんな番組あったんだ。」

「この番組はまだ続いているんだな~。久しぶりに見たら面白いな~。」

といった感じ。

これは毎日、毎週見ていたら味わえない感覚だと思います。

 

出張先や旅先になると、その新鮮味が増しますね。

日本でもその地域でしか見られない番組がありますから、そういうものを積極的に見に行くようにしています。

外国のテレビはもっと面白い。ほとんどが何を話しているかも理解できない番組だとしても、それを味わうことができる。それだけで少し幸せになれますw

 

「たまに見る」から楽しめる。新鮮な気持ちで、純粋にその時間を満喫することができる。毎日見ていたら得られない感覚をぜひ味わっていただきたい。

 

さらに、テレビを見続けていると気づくことがある。「もうこんな時間か!」と、テレビが貴重な時間をいつの間にか奪っていることを。

「たまにテレビを見る」ことで「テレビを見ない」ことの大切さを改めて感じることができる。この「再認識」を得られるのも「たまに見る」ことがあるからこそ。

 

あと気付くのはワイドショーの番組と時間の多さ。

朝から夕方にかけて、どのテレビ局も同じような内容を繰り返し放送しています。半日見ただけで「もうテレビを見るのを止めよう」と思わせてくれる。そういう意味では、ワイドショーがテレビと距離を置くことを助けてくれているのかもしれませんが。

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「テレビの無い生活」を試してみよう!

 

こんばんは。本日もお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

「テレビを見ない習慣」

この習慣について語る前に、テレビを見ることの是非についてお話しました。

 

テレビの存在自体は否定しません。問題なのは、テレビとの付き合い方。つまり、私たちがテレビをどう活用するか、にあります。

 

テレビ番組の中には有益なものもあるでしょう。ドキュメンタリー番組や、教養系の番組に限らず、バラエティ番組にも有意義な面はあります。楽しい時間を過ごす、というのは幸せを感じる一つの要素ですからね。

でも、そういう番組を主体的に見ている人はどれだけいるのでしょうか? 

自ら番組を選んで、自分の意志で見る。それであれば問題ないと思います。でも、主体的に「見に行く」のではなく、ただテレビで流されている番組を受動的に見ていませんか? そうだとしたら、あなたは貴重な時間を無駄にしていることになります。さして興味もない番組を見続ける。面白そうな番組を探して何度もチャンネルを切り替えたりするの、本当に意味がないと思いませんか。「テレビから得られること」ではなく「テレビを見る」ことが目的になっているとも言えます。

 

習慣はありがたい反面、恐ろしくもある。

「テレビを見る」という習慣は私たちから貴重な時間を奪っている。このことを認識するのは難しいのです、この行為が習慣として根付いてしまっているから。「テレビを点けない」という視点が考えられなくなってしまう。家にいるときはテレビを点けることを無意識に行ってしまうのです。

 

「テレビを見ない」ことをやってみる。これが、この悪習慣を断ち切るための第一歩。テレビを見なくても何の問題もない、むしろ他のことをする時間が増えた、というメリットを実感することで、「テレビを見ない」という良習慣を身に付けていただきたいと思います。

 

さあ、試してみましょう。

といっても、家にテレビがあると条件反射のようにうけてしまうかもしれません。何かをやった後、帰宅したら、お風呂に入ったら、トイレに行ったら、うっかりとテレビを点けていた、ということもありえます。

一番いいのは「テレビを捨てる」こと。捨てることに躊躇するなら誰かに譲ったり、誰かに買ってもらたりするのもいいでしょう。とにかく、自宅からテレビという存在をなくすのです。

それは難しいですか? であれば、テレビをクローゼットに入れる、押し入れに入れる。これだけでも効果を期待できます。私もテレビを手放す前にはクローゼットに保管していた時期がありました。つい点けてしまわないように、見たい時だけ見るように。これは無精者の私にうまくはまった。クローゼットから取り出すのが面倒くさくて、テレビを断念できたのです。

 

さあ、あなたも「テレビ無し生活」を始めてみませんか?

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

あなたがテレビを見るのはなぜですか?

 

こんばんは。

 

「たまに習慣と異なる行いをすることで、その行いをより面白く感じる」

「たまに習慣と異なる行いをすることで、習慣と習慣から外れた行動の双方についてありがたみを感じる」

 

今日は3番目の習慣についてお伝えしていきます。

③テレビを見ない習慣

 

自宅からテレビを断捨離してから、かなりの年月が経ちました。もはや正確に思い出せないのですが、もう5年以上は経っていると思います。その前からテレビとは距離を置いていたので「自宅でテレビを見ない期間」でくくれば、もっと長い年月になると思います。

 

かつて、テレビは庶民にとって高根の花という時代がありました。といっても、私自身はその時代を生きておらず、そう伝え聞いているだけですが。日本では1950年代に白黒テレビが、1960年代にはカラーテレビが「三種の神器」にラインアップされていたようです。

でも、それ以降テレビはすっかり私たちの日常の一つとなりました。私自身が育った環境もそうでしたね。朝から晩までテレビがついているのが通常の状態で、居間にいるときには必ず何かしらの番組を見ていたと記憶しています。我が家にテレビが1台しかなく、ビデオはなかなか導入されませんでしたので、自分が見たい番組を見られないという苦難(?)もありましたが。

 

現代を生きるほとんどの人にとってテレビは日常の一つとなっており、その存在を空気のように感じているかもしれません。

でも、テレビが空気と異なるのは「なくても問題ない」ということ。それなのに、なぜテレビとともに過ごしてしまうのか? おそらく習慣になってしまっているからだと思うのですよね。幼少のころからテレビが日常にあり、いつでも何かしらの映像が流れている。こういう環境に生きていれば、特にテレビの存在を疑うことはありません。それが「ふつう」の環境なのですから。

 

1日にテレビを見ている時間の平均は3時間という調査もあります。これは2020年の国民時間調査での平日の時間で土日はもっと長いようです。スマホ優勢の今の時代でもこの数値というのには驚きを感じませんか。これは少し時間を使い過ぎだと思いませんか。

 

テレビ自体を否定するわけではありません。面白い番組を見て楽しい気分になる、ストレスが解消される、リラックスできる。ためになる番組をみて、知識を得る、学ぶ、気付きをえる、ヤル気を得る。こういう側面もありますからね。テレビを見ることで得られるメリットは確かにある。そう思っています。

 

問題はテレビとどう付き合うか、です。それは私たちがコントロールできる問題で、私たちが考えるべきものなのです。

 

明日に続けます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ