「行動と見識」KOUSHIのブログ

行動と見識で人生を豊かにする

3000本のテープだけではない

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

「努力について」の章から、心に響く文章をお伝えしています。

 

今日はこちらの文章を。

・テープを配り続け、しだいに「面白いテープがある」と口コミで評判が広がり、うわさを聞き付けたレコード会社のテイチクさんが私のもとにやってきたのが50歳の時。翌年に発売されたCDが大ヒット。そのとき私がタダで配ったテープは3000本を超えていた。

まさに「努力」が導いた人生。

自分の漫談をテープに吹き込む。それをダビングして3000本。それを配り続ける。この行動力がメジャーデビューにつながっていた。

努力×行動力

この2つの掛け合わせが結果をもたらした、ということが分かります。

努力が大切なのは間違いない。でも、その方向性が間違っていたら結果につながらない。

例えば、毎晩毎晩自宅で漫談の訓練をする。これは努力です。でも一人で黙々と続けているだけでは、未来は拓けなかったでしょう。他人との関わりがないと、状況は変わっていかない。

「誰かが見てくれている」といっても、「見てもらう」機会を持たないとそれは実現しないんですね。

「外に出ていく」「他人と関わる」という行動力。これがないと努力が無駄になってしまう。

 

口コミで評判が広がる。

こうやって言葉にすると軽く感じてしまうのですが、これを実現するための努力は計り知れません。そして、その継続力に驚かされます。

テープを配る際には、漫談を流されていたと思います。でも、漫談を聞いてくれる人と共にする時間はほんのわずか。そして、その場限りの出会い、ということも多かったでしょう。

この出会いが何をもたらすかということは全く分からない。そんな「手応えを感じられない」という状況においても歩みを止めない。継続する。

恐れ入ります、の一言しかありません。。。

 

「続ける」ことの力を感じませんか。

口コミで評判が広がる。この状況を作り出したのは「継続力」があったから。諦めない心があったから。

信じて前に進み続ければいつか必ず報われる。

このストーリーは元気を与えてくれます。生きる力を与えてくれます。

 

3000本のテープがCDデビューにつながった。

ここで見逃してならないのは、この結果をもたらしたのは3000本のテープだけではない、ということ。吹き込んだ漫談が面白くなければ、いくら数をばらまこうとも成果には結びつかない。人を魅了する漫談を作り上げるまでの、それまでの長い努力の時間が必須だったんですね。

 

「努力」が実を結んだストーリー。

そういうストーリーに私たちは心を動かされるのです。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

「添え物」について考えてみる

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

 

今日から「努力について」の章に入っていきます。

・ずっと誰かの「添え物」の人生でした。

きみまろさんの半生を振り返ってみると、この言葉の意味が理解できます。

キャバレーのボーイとして働いていたときに、司会者としてのポジションをつかむ。

でも、キャバレーの司会者は脇役でしかない。主役は、あくまでも演者さん。

もっといえば、演者さんですら主役ではない。お客さんは何のためにキャバレーに来ているのか? 必ずしも演者さんを見るためではありません。お目当ての女性に会いに来ているんですね。

演者には興味がない。どうだっていいと思われているかもしれません。いわんや司会者をや。司会をお目当てに来るお客さんはいないでしょう。

 

その後「縁」をきっかけに森進一さんの専属司会者になったきみまろさん。

キャバレーの司会者よりはよほど恵まれた環境であったことは間違いないでしょう。森進一さんは当時の大スター。収入も大幅にアップしたはず。そして注目度が大きく異なる。お客さんは森進一さんに会いに彼のリサイタルに足を運ぶ。キャバレーのお客さんとは全く異なります。

森進一さんのショーをいかに盛り上げることができるか、が司会者の腕の見せ所です。演者と一緒にショーを作り上げる存在とも言えます。

森進一さんのファンの中には、きみまろさんの存在を認めていた人、きみまろさんのファンであった人もいると思います。

でも、あくまでも主役は森進一さんなんです。きみまろさんは脇役でしかない。彼の言葉で言えば「添え物」でしかない。

 

誰かの「添え物」として生き続けてきた。このままの人生でいいのか。葛藤があったと思います。そして行動をおこされたんですね、きみまろさんは。

 

ある意味「司会者」が「添え物」であるというのは分かりやすいのですが、もっと身近な環境を見てみましょう。

「どのように働いているか」を見た場合に、日本ではサラリーマンがいまだに大多数を占めます。フリーランスや自営業者、経営者の割合は、他の先進国と比べると圧倒的に小さいのが実情。

この働き方の中で、自分の人生の「主役」を張っている人はどのくらいいるのでしょうか? 

「雇われる」働き方。ここで主体的に生きている人はどのくらいいるのでしょうか?

そして、「人生を楽しんでいる」と感じている人はどのくらいいるのでしょうか?

 

「お金を稼ぐためにはしようがない」

「生きていくためにはしかたがない」

 

こうあきらめてしまっている人が多いように感じませんか?

主役を張ることを端から諦めている。「添え物」であることに甘んじている。その状態を「しかたがない」ものとして諦めている、受け入れている。

 

あなたの場合はどうでしょうか?

 

・ずっと誰かの「添え物」の人生でした。

この言葉がそっくりそのまま当てはまる人生。そんな人生を送っている人が多数派を占めるような気がしてなりません。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「信じる」ことについて、もう一度考え直してみる

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

「再会について」の章から心に響く言葉の数々をお伝えしています。

 

今日お伝えする文章はこちらです。こちらの文章も胸に響きました。

・あなたが想ってやまない人がいるように、どこかで必ず、あなたのことを考えてくれている人がいるはずです。信じましょう。信じれば、人生はいつだって大きく変わるチャンスを秘めています。

そして

・人の縁は、形なきもの、目に見えぬもの。だからこそ、強く信じる。

 

きみまろさんにとっての思ってやまない人の一人が「ビートたけしさん」でした。たけしさんに強く憧れて、芸人になるための地道な努力を重ねた。そんなたけしさんから「あなたを誇りに思う」という、これ以上ない言葉をもらうことになった。

 

あなたにも、そのような人はいますか?

いるのであれば、それだけで幸せ。いつか、その人と出会うチャンスを秘めているのですから。憧れ無くして「出会い」はもたらされません。「出会い」に結びつくかどうかは分からない。でも「出会い」の確立をゼロから0.1%に変えるのが「強い憧れ」。これがなければ、縁は生じなかった。

 

そして、たけしさんもきみまろさんのことを考えていた、想っていた。だからこそ「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」という想いをきみまろさんに伝えることができた。

 

はるか昔に出会った人との縁。その出会いから、あなたのことを想ってくれている人がいる。

どこかで「必ず」いる。きみまろさんは言い切っています。そのことを体感したからこそ言える言葉。そして説得力に揺るぎがない。

 

体感したことがないと信じられないかもしれません。

ではどうすればいいのか?

体感するしかないんです。残酷なようですが、自分で実際に体験し感じないことには分からないんです。

ではどうしようもないのか?

やれることはあります、たった一つ。

それが「信じる」こと。

 

「強く信じる」こと。半信半疑ではダメ。「必ずある」と強く信じる。それしかないんです。

 

形なく、目に見えないものだからこそ、強く信じる。

それ以外にやりようがないんです。

信じることで、希望を持つことができる。いつか必ず、自分の人生が大きく変える機会に出会うことができる。

 

「信じる者は救われる」

こう文章にすると陳腐に感じられますが、これが真実なのかもしれません。

「信じる」ことについて、もう一度考え直してみる。そして、「強く信じる」ことを自分の人生の中心に据えることを決意する。そのことで、私たちの人生はすでに変わっているのかもしれません。

 

あなたはどう感じますか?

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「縁がどう転ぶか分からない」からこそ

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

「再会について」の章から心に響く言葉の数々をお伝えしています。

 

本日お伝えするのはこちらの文章です。

・人の縁の強さとは、会った回数や時間ではありません。たった一度の出会いが、その人の、そして自分の人生を、根底からひっくり返してしまうことがある。

この文章を読んで、あなたはどう感じましたか?

「縁」とは奥深いもの。自分で操れるものではない。そういう意味合いを私は感じました、この文章から。

 

日々接する人との「縁」を築き上げて、育てていったとしても、その人があなたの人生に好影響を与えるかどうかは分かりません。

何度も会って、多くの時間を一緒に過ごしたとしても、あなたとその人との縁がお互いの人生を好転させるとは限らない。それが実際のところ。

結局のところ、どの「縁」が自分にとって、そして、相手にとって、ありがたいものであるかは分からない。

 

でも、このことが「縁」を疎かに考えていいということではありません。操ることができない「縁」といった概念は無視して生きていこう、ということではありません。

「縁」を大切にすることは大切。このことを否定できない。日々の縁を大切にする。毎日、毎瞬の出会いを大切にする。出会った人に何かを与える姿勢を絶やさない。

「縁がどう転ぶか分からない」からこそ、「縁」を疎かにしない姿勢が必要になってくる。そう思います。

 

「縁」が「縁」を呼ぶ。あなたが大切に育ててきた「縁」が、別の「縁」、思いがけない「縁」を運んでくる。

 

・たった一度の出会いが、その人の、そして自分の人生を、根底からひっくり返してしまうことがある。

 

あなたの人生を根底からひっくり返してしまうような「出会い」。その人との「縁」は、あなたがそれまでに育んできた別の「縁」からもたらされた。

こう考えると、どんな縁も疎かにすることはできません。

目先の損得で、縁を選り好みしていては、あなたの人生を大きく好転させる「出会い」はもたらされないかもしれません。

たった一度の、僅か短時間の「縁」をそのままにしておくのではなく、定期的に連絡を取ってみる。一度もらった「縁」を絶やさない。そうることで、その「縁」が新たな展開を生み出したり、別の「縁」を運んでくる。

 

「縁」を味方につけるためにできることはたくさんありますね。

さあ、あなたは何をしますか?

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

私には到底できません…

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

昨日から「再会について」の章をお伝えしています。

 

昨日ご紹介した文書を改めて。

・「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」 そう思っても、どこかで必ず、誰かが見てくれています。

・たけしさんの言葉「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」

憧れのたけしさんからの、この言葉。きみまろさんはしびれたでしょうね。

 

今日お伝えする文章はこちらです。

・腐らずに40代で自作のテープを配り歩いたのも、ずっと第一線で活躍するたけしさんへの強い憧れがあった。

40代はよく「脂ののった時期」と言われることがあります。特にビジネス、サラリーマンの世界ではそうでしょうかね。

気力・体力もまだまだ充実しており、そこに経験が加わってくる。一番活躍できる時期ということでしょう。

きみまろさんとたけしさんは同世代。

たけしさんはずっと第一線で活躍されていますが、40代は特に輝きを見せていた時代かもしれません。一方で、きみまろさんは同じ40代をまったく違う境遇で過ごしていた。高速道路のサービスエリアで、自作のテープを配り歩く日々。

40代になっての「一からのスタート」といってもいい。これは本当にすごいと思うんです。あなたはできますか? 私には到底できません。

きみまろさんが腐らなかったのが、たけしさんへの憧れの念だったのです。こういう存在がいると人は強くなれるんです。

 

52歳になってメジャーデビュー。

そして、憧れのたけしさんからの次の言葉。

「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」

 

たけしさんから「あなたを誇りに思う」と言われる。きみまろさんもこんな言葉は想像していなかったと思います。

この時の感動は、きみまろさん当人でないと分からないでしょうね~。

 

だからこそ、きみまろさんのこの文章に重みがあるのです。

「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」 そう思っても、どこかで必ず、誰かが見てくれています。

まさか、たけしさんがきみまろさんのことを見てくれているとは、本人も思っていなかったでしょう。

 

つらい境遇においても、自分の夢を追いかける。

腐ってしまってもしようがない状況においても、前に進むことができたのは強い憧れの存在があるから。

その存在に強く憧れて、自分の夢をつかむ。

そして、憧れの存在と会う機会に導かれる。

さらに、その人から「あなたを誇りに思う」との言葉をもらう。

 

こういう人生を歩みたい。そう思いませんか?

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村

 

「あなたを誇りに思います」

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

今日から「再開について」の章に入ります。

 

まずは、こちらの文章から。

・「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」 そう思っても、どこかで必ず、誰かが見てくれています。

「誰か見ててくれる人がいる」

そう思えると、人は強くなれる。希望を感じることができる。頑張ることができる。そう思います。

実際にこのことを体験できると、このことを信じることができると思います。でも、そういう経験がないと、容易にそうは思えない、というのが実際のところではないでしょうか。

経験したことがないと「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」 と思い続けてしまう。この思いから抜けきることはできないかもしれません。

それでも腐らずに前に進んでいったほうがいい。あなたを見てくれている人がすぐには分からないかもしれない。でも、必ず見てくれている人はいるのですから。

 

次の言葉を見ていきましょう。

・たけしさんの言葉「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」

たけしさんとは、もちろんビートたけしさん。北野武さんですね。

たけしさんときみまろさんは同年代なのです。たけしさんは若くして芸能界の第一線に上り詰めて、その地位を不動のものとしてきた。いわゆる「芸能界」という世界にとどまらず、映画監督としても数々の名作を世に送り出してきた。日本が誇る大スターの一人です。一方で、きみまろさんはキャバレーの司会者から、演歌歌手の専属司会者としてキャリアを築いていた。でも芸人への憧れを捨てきれず、長きに渡り下積みの時期を過ごしてきました。

たけしさんは誰もが認める「憧れの的」ですが、きみまろさんにとって、その思いは格別だったでしょう。

 

そんな「たけしさん」からのこの言葉。

・「よくぞ這い上がった。同じ世代を生きた男として、あなたを誇りに思います。」

当然ながら、このお二人の会話がなされたのは、きみまろさんがメジャーデビューを果たした後。

ここで冒頭に私が書いた次の文章を読み返してみましょう。

―――――――――――――――

経験したことがないと「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」 と思い続けてしまう。この思いから抜けきることはできないかもしれません。

それでも腐らずに前に進んでいったほうがいい。あなたを見てくれている人がすぐには分からないかもしれない。でも、必ず見てくれている人はいるのですから。

―――――――――――――――

 

きみまろさんは「自分のことなんて、誰も気にしてやいない」との思いを何度も抱いた。その期間は本当に長かった。

その長きを経てようやく、こうして「誰かが見ていてくれる」ことを体験することができた。それも、その誰かは憧れのたけしさん。

 

このエピソードに感動を覚えます。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

子供時代の成功体験がその後の人生を形作る

 

こんばんは。

綾小路きみまろさんの『しょせん人生なんて自己申告』。

「人格について」の章から、次の文章をお伝えします。

・他にも物まねの標的になったのは、芸人の漫談やアナウンサーのスポーツ実況、選挙放送などもお得意のレパートリー。

セリ人を見て「なんて格好いいんだろう!」と興奮を覚えて、毎日のように「はい3万円、5万円」ってまねをし続けたきみまろ少年。セリ市での体験はよほどインパクトが大きかったのでしょう。物まねにどっぷりはまり込んでいった。

きみまろさんが子どもの時代には、今ほどエンターテイメントが充実してわけではありません。今になって考えれば、これが後の芸人綾小路きみまろを生み出すのに好都合だったのかもしれません。芸人の漫談を物まねの標的に選ぶことができたのですから。

アナウンサーも当時は憧れの存在だったのでしょう(今もですが)。選挙放送まで標的にするとは恐れ入りますw までできる対象が少なかったとはいえ、好奇心が旺盛だったのですね~。

 

そして次の文章。

・翌日学校で披露すると、皆、腹を抱えて笑ってくれた。その時の喜びが心に焼き付いているから、今までずっと人前に出る仕事を続けてきたのかもしれない。

学校のみんなが腹を抱えて笑ってくれる。これは、まさに成功体験。この体験が芸人綾小路きみまろの誕生に効いている。これは間違いない。

私たちにとって「成功体験」は欠かせない要素。成長の原動力になる。人生の方向性をも決めうる。特に子供時代の成功体験はインパクトが大きい、その人の人生において。

みんなが腹を抱えて笑ってくれた時の喜び。この忘れられない体験が、後のきみまろさんのキャリアを形作っていった。キャバレーでの司会、演歌スターの専属司会者、そして漫談家としての綾小路きみまろ。この道を歩いてきたのは、必然だったのかもしれません。この成功体験、喜びがこの道を決定づけた。

 

・人は、人によってつくられる。他人を通じて、自分を発見する。

きみまろさんは「個性は引っ張り出される」という表現もされていましたよね。

この文章も同じです。「綾小路きみまろ」は決して自分一人で作ったのではない。むしろ、他人によってつくられた。他人とのかかわりの中で、自分の中にもともとあった個性が浮かび上がってくる、発見できる。

きみまろさんが、他人との関り、人間関係を本当に貴重で尊いもの、感謝するものと考えていることが分かります。

 

自分一人で何でもできると思ってはいけない。自分一人でできることなんて限られている。いや、自分一人では本当の自分は分からない。

本当の自分を生きるためには、他人が絶対に必要になる。

 

こう考えると、人との接し方が変わってきます。もっと考えないといけませんね。人との関わりは絶対に軽視できない。

明日からの生き方が変わってきそうです。

 

あなたはどう感じますか?

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村