「行動と見識」KOUSHIのブログ

行動と見識で人生を豊かにする

「子どもか!」とか「おじいちゃんじゃないんだから」と言われること

こんばんは。

 

快眠を得られるかどうかこれはその日一日を左右する重要なファクターです。一日の始まりからスタートダッシュできるかどうか。睡眠の質がその日の思考と行動の質に直結しますから。そんな日々の積み重ねが人生型作っていくと考えれば、良い睡眠が良い人生をつくるとも言えます。

でも、実際にどれだけの人がこのことを認識しているか、というと疑問符が浮かんできます。

気にしている人は多いかもしれません。睡眠に関する研究は数多くありますし、書籍もやむことなく発売されています。ネットでの記事も山ほどありますからね。

ただ、実際に睡眠改善に取り組んでいる人、アクションを起こしている人はそれほど多くないように感じます。だからこそ、ここで差をつけることができるとも言えます。

良質な睡眠をとるためのテクニックやコツは数多くありますが、私個人が体感して納得できるものをご紹介したいと思います。

 

・早めに寝る

すみません、のっけから当たり前の内容ですw なんの工夫もありませんね…。

でも、あたりまえのことをあたりまえにやる。これが重要。すべてのあたりまえができないことは自分が分かっています。だからこそ、できるあたりまえは外さずに実践します。

特に早朝起床、具体的に言うと4:45起床を習慣としている私にとっては、早寝は欠かせません。早寝と早起きはセットなんですね。

私は、22時の就寝をターゲットにしています。少なくとも6時間以上は睡眠時間を確保したい。できれば7時間近くとりたい。

「夜10時に寝ている」と言うと驚かれることが多いです。

「子どもか!」とか「おじいちゃんじゃないんだから」とか言われたりもします。まあ、実際におじいさんに近づきつつあるので、反論もしませんがw 

恥ずかしながら(本当は別に恥ずかしいことではありませんが)、22時近くになると自然と眠くなってきます。これは歳の影響だけでなく、習慣の力によるところが大きいでしょう。自分の体がこのリズムで生きるようになっているんだと思います。習慣をうまく活用できるかどうかで、生き方ががらりと変わってくる。このことを示す一例だと言えるかと。

精神的にもこの習慣に抗えません。

22時近くになってくると「もう寝るか」と自然に感じる。22時を過ぎると「まずい、早く寝ないと」と思う。22時半になってしまったら「やばい!」と少し焦ってしまいます。なにせ、朝4時45分に起きることは決まっている。どんなに寝不足感にまみれていても絶対に一度目を覚ますのですから、睡眠時間を確保するために早く寝たい、と心底思うのです。

 

明日に続けます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

この時期に残念に感じること

 

こんばんは。

 

今年も残りあと1ヶ月を切りましたね。

時間が経つのは本当に早い。歳を重ねると、その体感度合いはどんどん増していきますからね~。「今年も何もせずに終わってしまったな~」と悲しい気分になるこの時期はあまりうれしくありませんw

 

寒さが日増しに厳しくなるこの季節において、もう一つ残念なことがあります。

それは、日の出時間がどんどん遅くなること。日の入りが早くなるのも好きではないのですが、日の出時間のほうがより切実に感じます、私個人にとっては。

私は毎朝4:45に起床しています。これを言うと「早っ!」と驚かれることもあるのですが、当人にとっては「ふつう」です。この生活パターンを何年続けているか正確に覚えていませんが、すっかり習慣になっているので、何の苦労もありません。

とはいえ、起きたときに「外が真っ暗」というのは、正直好きではありません。寒さと暗さに包まれた時間に始動することを躊躇したくなることもあります。特に起床後に「寝足りない」と感じたときには、布団の中にとどまっていたいですよね。

 

そんな気持ちにならないために何ができるか?

早起きのコツや心得、睡眠レベル向上のための方法はいろいろあります。ネットでググれば山のように情報が出てきますよね。

それらの「快眠の施策」をすべて実行すれば、おそらく睡眠の質は向上すると思います。それらの多くは当たり前に感じる方法なのですが、そのあたりまえを実践できるかというと、それが簡単ではないんですよね。何事も「当たり前」のことを実行できるかが成功の鍵なのでしょうが、どうしてもできないこともありますよね。

私の場合は、例えば、

・寝る2時間以上前に夕食を済ませる。

・寝るまえにPCやスマホを見ない。

というのは難しいんですね。いや、正直に言えばできないことはありません。やろうと思えばできるはずです。でもヤル気がしない、少なくとも今は。もしかしたら、この先どこかでこれらの方法を実践することがあるかもしれません。でも、今は現在のライフスタイルのまま生きたいんですよね~。

 

なので、無理をせずにできる範囲でもいい、そう思っています。

個人的に私が採用しているものをお伝えしたいと思います。何かの参考になれば嬉しいです。人それぞれのライフスタイルがあり、また、それぞれの方法との相性も人それぞれ。なので、あくまで参考程度に考えていただければ、と思います。興味深く感じていただいたのであれば、実際に試していただい。そして、ご自身に合っていれば、あなたの生活に取り入れて続けていただければ、と思います。

 

明日から具体的にお話しますね。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

だからこそ、本当に「お気に入り」の作品を選ぶ

 

こんばんは。

 

英語の学び方にはいろいろな方法がありますよね。

「学ぶ」というと、なにかつらいものと思ってしまいがち。まあ、実際につらいことも多いですよね。特に語学を習得しようと思ったら、地道にコツコツと積み重ねていく過程がどうしても必要になりますから。

だからこそ、少しでも、できれば大いに「楽しい」要素を取り込みたい。そうすることで、長く続けることができる。結果的に能力向上に寄与しますから。

昨日ご紹介した「洋楽を一緒に歌う」も、そんな学習方法の一つ。楽しみながら学ぶ、という一石二鳥を叶えてくれる手法です。

 

同じように「楽しみながら英語を学ぶ」方法として挙げられるのが「洋画にて英語を学ぶ」という方法です。多くの方が実際に取り組まれていると思います。

私もご多分に漏れず、一時期「洋画学習」に取り組んでいた時期があります。

正確に言うと「洋画」ではなく「海外ドラマ」になります。その作品は『フレンズ』でした。今となっては少し古い感もありますが、海外ドラマといえば『フレンズ』という時代がありました。今でも根強いファンはいると思います。

私が『フレンズ』とどのように出会ったのか、正確には覚えていません。恐らく、飛行機の中でたまたま見たのではないかと。その後、今から10年以上前になりますが、訪れたデパートで、10シリーズ全巻がパックになったDVDを見つけて即買い。その日からフレンズ漬けの日々が始まったのでした。

 

英語学習において「繰り返し」を重視している私は、一つのエピソードを何度も繰り返し視聴しました。

最初は、字幕なしで見る。すべてを理解できているわけではないけれども、何となくわかったつもりというレベル。

2回目も字幕なしで。1回目で聞き逃していたり、聞き誤っていたりした部分に気づくこともできる。これをあと1~2回繰り返した後に、ようやく英語字幕をオンに。

ここで初めて、内容を正確に理解。まったく持って見当違いに捉えていた部分があったりして、自分の英語力に悲嘆することも。ちなみに、私が買ったDVDは日本語字幕がなかったので、英語字幕のみを活用しました。

このステップも数回繰り返して、次は再び字幕をオフにします。

最後の数回を、すべてのフレーズを聞き取るつもりで真剣に視る。

こんなことを繰り返していた時期があります。

 

この「繰り返し」は「退屈」につながりかねません。だからこそ、本当に「お気に入り」の作品を選ぶことが大切になります。何度見ても飽きない作品を選ぶ。これが継続の鍵ですね。

 

久しぶりに洋画学習に取り組んでみたくなりました。

最近は海外ドラマから遠ざかっているので、何か面白い作品があれば、ご紹介いただけるとありがたいです。

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

「洋楽を歌う」のはなぜ英語力向上に効果的なのか? それは○○が強く伴うから

 

こんばんは。

人生の一大イベントの時に聞いていて、その後の人生においてもリフレインされるような曲。あなたにもそんな曲があると思います。

こうやって文章にしてみると「音楽の持つ力はすごいな~」と改めて思いました。

 

音楽以上に、効果的に、すぐに気分を変えてくれるものはないのでは? と思います。

意識していないとしても、私たちの気分は音楽に大きな影響を受けています、良くも悪くも。

このことを認識し、一歩進めて、意識的に音楽を活用する。そうすれば、私たちの人生はより面白くなり、私たちの生活はより豊かになる。そして生き易くなる。そう思います。

 

昨日書いたように、人生の一大事に聞いていた曲を耳にすることによって、当時の状況が思い出され、幸せな時間を過ごすこともできます。

自分のお気に入りの曲を、起床後にすぐ耳にすることによって「今日もやるぞ!」というスイッチを入れることもできます。

元気をもらえる曲を聞いて、モチベーションを高めることもできます。

あなたの心をいやしてくれる曲を聞いて、ストレスや心の疲れを和らげることもできます。

逆に、悲しい曲、せつない曲をきいて、落ち込んだ気分に浸ることもできますね。

 

音楽の活用は「聞く」だけにとどまりません。音楽は感情に直結しますが、もっと感情を動かす方法があります。

それは「歌う」こと。その曲を聞きながら、一緒に声を出して歌うことで、あなたはもっと元気に、ハッピーになれます。熱唱すればするほど、その効果は高まります。同じように、悲しい感情ももっと助長されますが。

 

その曲が洋楽であれば、英語の学習にもなり、一石二鳥。

私はある時期に、毎晩のようにYouTubeを見ながら、洋楽を熱唱していました。これは英語能力向上に一役買ってくれたと思っています。いや、一役どころか、二役も三役も買ってくれたでしょう。

洋楽を歌うのがなぜ英語能力向上に効果的なのか? それは感情を強く伴わせることができるから。感情は記憶と結びつきやすいですから。英語ニュースを繰り返し何度もスピーキングしても、感情を大きく動かすのは難しいですよね。

YouTubeでは、歌詞を表示してくれる動画が数多くありますので、それを見ながら一緒に歌う。単語の発音にも注意して、うまく言えるように何度も繰り返す。

毎晩何回も、そして何日も一つの曲に向き合えば、いつしかその曲を自信を持って歌える日がきます。そうなると他人に披露することもできます。カラオケで洋楽を見事に歌い上げれば、あなたの株は上がるかもしれません。(逆に、嫌な奴だと思われる可能性もありますがw)

 

楽しい時間を過ごしながら、英語能力を向上させることができる。

あなたの英語学習に、ぜひ「洋楽を一緒に歌う」を取り入れていただきたいと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

思い出は洋楽とともに

 

こんばんは。

昨日までPatricia Ryan Madsonさんの『improv wisdom Don’t Prepare, Just Show Up』からの学び、気づきについてお伝えしてきました。

そのなかで「ありのままのあなたでいい」ということを書きましたね。英語でいうと「just the way you are」。このフレーズは聞きなれたフレーズかもしれません。このフレーズを題した曲も多くありますよね。それだけ、多くの人がこの大切さを認めている、ということでしょう(同時に、多くの人がそうなれていない。だからこそ憧れる、ということでもありますが)

 

私個人にとっても、私の心の中に重きを置いている一つの「Just the way you are」という曲があります。

それは、Bruno Marsの「Just the way you are」です。リリースされたのは2010年、もう10年以上前になります。この曲は彼を一躍スターダムに押し上げた大ヒット曲。その後10年以上に渡り第一線で活躍しているのですからすごいですよね。

最近では(と言っても1年以上も前ですが)「Leaving the door open」に聞きほれてしまいまいた。何度もYouTubeで聞きましたね~。

 

この曲がなぜ私の心に響き続けているのか?

それは、この曲がリリースされたときの、私が個人的に置かれた環境によります。

2010年の1月、私は日本を離れて、ある異国の地で長い旅の始まりを迎えていました。初めての海外での生活、初めての慣れない土地での生活は、ワクワクといった期待感だけでなく、心細さも同時に感じるものでした。

テレビをつけるも、見慣れない番組ばかり(当然ですが)。しかも現地の言葉を全く使えなかったので、内容をまったく理解することができません。幸いなことに、いくつか英語で放送されている番組がありました。それらは、CNNとBBC、そしてMTVでした。いつの間にか私はこれらの番組のいずれかを見る習慣がついていました。

MTVでは、最近リリースされた曲が繰り返しオンエアされていました。そのうちの一つがBruno Marsの「Just the way you are」だったのです。

(ちなみに、もう一曲今でも覚えているのがKathy Perryの「California Gurls (feat. Snoop Dogg)」という曲です。)

 

当時すでにTV無し生活を長く続けていたこともあり、芸能関係の話題はまったく知りませんでした。ましてや海外のアーティストのことなど知る由もなし。MTVで初めて彼を見て、彼を知ったのです。

初めて聞いて一瞬でこの曲が気に入ってしまい、その後何度も聞き続けます。一日に何度も、そして何日も続けて。幸いなことにMTVでは、一日に何度も同じ曲がオンエアされていたんです。

初めての異国での生活の時に出会ったこの曲は、私の体に染みついています。この曲を聞くと、今でも当時のことを思い出します。

 

あなたにも、こういう思いでの曲はあると思います。人生の一大イベントの時に聞いていて、その後の人生においてもリフレインされるような曲が。

そういった曲は、その人にとっての宝だと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

「make jokes」ではなく「make ○○○○○」 

 

こんばんは。

Patricia Ryan Madsonさんの『improv wisdom Don’t Prepare, Just Show Up』で書かれていた、ユーモア、ジョークについての記載から「笑い」について考えています。

「笑い」には「クリエイティブティ」が求められます。でも「笑い」が取れるからと言って、それが必ずしもクリエイティビティによってもたらされるわけではないんですね。

そこを勘違いして、浅はかな「笑い」を求めることに、Patriciaさんは苦言を呈しています。

 

No one wants to be thought unimaginative.

私たちは誰もが「イマジネーションのない人だな~」とは思われたくないものである。

The audience believes that ideas that seem ordinary or that “make sense” reflect a lack of creativity.

私たちは、ありふれたことや、分かりやすくて、当然と思えるようなことを言うのは、クリエイティブティが欠如していることの表れだと信じている。

I call it “the fallacy of the fried mermaid.”

「奇抜なことを言うのがクリエイティブ」と思うこと。これは間違いなのだ。

Don’t fall for the idea that something needs to be “way out” or whimsical to be creative.

クリエイティブであるためには、抜群であったり突飛であったりしなくてはならない。そういった考え方に陥ってはいけません。

Getting a laugh is easy – trivial, actually.

笑いをとるのは簡単である、実際にはささいな、つまらないことである。

Anything unexpected seems funny.

思いがけいことはなんでもおかしく思える。

This kind of humor is like a sugar hit. It gives a temporary lift, but it is a poor diet and won’t nourish artistically.

この手のユーモアは、シュガーヒットのようなものである。砂糖を食べたときのようなもの、つまり、一時的にハイになるだけである。実際には、栄養価が乏しく、何も与えてくれないのである。

 

そして、今日お伝えしたい文章がこちら。Patriciaさんの主張の結論です。

If you give up making jokes and concentrate on making sense, the result is often genuinely mirthful. Besides, making sense is a lot more satisfying in the long run. Give the obvious try.

ジョークを言おうとすることを諦めて、意味を成すことを言うことに集中する。これが本当に、真の意味で、愉快で楽しい状況をもたらすのです。さらには、意味を成す、意味が分かる、道理に合っているのは、長い目で見れば、もっと有意義で、充実したことなのである。明らかなこと、当たり前と思えることを試してみよう。

 

突飛なことや奇抜なことを言って笑いをとりたい。このことに捉われるのではなく、当たり前に思えることでも、しっかりと意味を成すことを言うことに集中する。

無理をしておかしいことを言うのは、本当の自分を出していないことにつながるかもしれません。本心から言いたいことではなく、自分を偽って、自分ではない他人を演じているとも言えるかもしれません。それよりも、あなたが当たり前に思えることで、しっかりと意味を成すことを言う。これは、ありのままの自分を出すことと言えるでしょう。

結果的に、周囲に笑いを、陽気で楽しい気分をもたらすことがあるのです。なぜなら、私たち一人一人がユニークな存在だから。あなたのあたりまえが、他者にとっては想定外のことがある。だから、本当の自分を出す、ごまかさない。

 

ありのままの自分を出していきたい、と思います。

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ジョークに何を求めるのか?

 

こんばんは。本日もお立ち寄りいただきありがとうございます。

 

「面白いことを言いたい」

「面白い人と思われたい」

多くの人がそう望んでいると思います。特に関西の方はそうかもしれません。お笑い芸人なみの切り返しを求められたりしますからね、日常においても。大阪に住んでいたことがあるので、そのプレッシャーは分かりますw

でも「面白いから何でもいい」というわけではないんです。何か突飛なことや奇抜なことは人の注意を引き付け、笑いを誘うかもしれません。でも、それは、驚きとともにあらわされる一瞬の笑い。その後は後味が悪かったりする。悪趣味な笑いだったりもする。あなたはそんな笑いを求めますか?

 

Patriciaさんの文章を続けますね。

Don’t fall for the idea that something needs to be “way out” or whimsical to be creative.

クリエイティブであるためには、抜群であったり突飛であったりしなくてはならない。そういった考え方に引っかかってはいけません。

 

Getting a laugh is easy – trivial, actually.

笑いをとるのは簡単である、実際にはささいな、つまらないことである。

これは賛否が分かれるところかもしれませんね。「笑いをとるのは簡単じゃないよ~」と思う人もいるでしょうから。求められる笑いのレベルが高いほど、そう思う確率が高いかもしれません。この点、関西人の方は大変だと思いますw

実際には、笑いをとるのはささいなことである。これはどうでしょうか? 「笑いを軽く見やがって」と思う方もいらっしゃるかもしれません。特に関西の方は素直には頷けないかもしれませんねw でも、その本当の意味することは次の文章を読めば分かりますよ。

Anything unexpected seems funny.

思いがけいことはなんでもおかしく思える。

そうなんですね。私たちは、何か想定外のことが起きたときに、そこにおかしさを感じるんです。ハプニングに心を持っていかれてしまうんです。

裏を返せば、そういうことをすれば、突飛なことや奇抜なことを言ったりやったりすれば、笑いをとるのは難しくないんです。もし、あなたが求めているものが、その種類やレベルと問わない、単なる「笑い」であれば、そんなに難しくないんです。個人的には、私はこういう笑いを求めたくありませんが。

Patriciaさんも手厳しいです、この手の笑いには。冷静にその性質について分析されています。

This kind of humor is like a sugar hit. It gives a temporary lift, but it is a poor diet and won’t nourish artistically.

この手のユーモアは、シュガーヒットのようなものである。砂糖を食べたときのようなもの、つまり、一時的にハイになるだけである。実際には、栄養価が乏しく、何も与えてくれないのである。

砂糖に喩えているのが分かりやすいですね。砂糖は一種の麻薬とも言えます。「Sugar high」という言葉もあるくらいですから。一時的には気分を良くしてくれるけれど、ただそれだけ。その後に何ら好影響を与えない。むしろ、その後も依存してしまうようになる。

 

ここまで言われても、あなたはこんな「笑い」を求めますか?

 

明日に続けます。

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ